ウィンターシーズンのレジャーで、国内随一のブランド力を持つ、長野県・白馬エリア。北アルプスの絶景と、世界中から評価されるパウダースノーは、子どもに本物の体験をさせてあげたいなら、これ以上ない環境。

いつもasobi基地を歓迎してくださる白馬岩岳の民宿「ロッジ加根二」を貸し切って、みんなで、雪遊び&お泊まり会をします。

雪のフィールドまで子どもを連れていくのは、大変そうで、今まで踏み切れなかった!というみなさん、ぜひ遊びに来てくださいね。

※2021年は、舞子スノーリゾートでの「asobi基地ゆきあそび」は、会場側の事情により実施いたしません。白馬開催が、2020-2021シーズン唯一の雪遊びイベントとなります

お申し込み

募集開始前

キャンセル待ちについて:キャンセルが発生し再募集する場合は、Peatixのasobi基地アカウントをフォローしてくださっている方全員に、お知らせをさせていただきます。キャンセル待ちをご希望の方は、Peatixのasobi基地アカウントのフォローをお願いいたします

白馬ってどんなところ?

「白馬岩岳スノーフィールド」にある、「ねずこの森」でのスノーハイク
絶景が魅力の、「白馬岩岳スノーフィールド」

1998年に長野冬季オリンピックが開催され、スキージャンプ団体で金メダルを獲得した「白馬ジャンプ競技場」があることで有名な白馬エリアは、長野県白馬村、小谷(おたり)村、大町市で構成する地域の総称です。

世界に認められるパウダースノーが魅力で、その雪質は、標高の高いエリアへ行けば、雪の結晶の一つひとつが肉眼ではっきり確認できるほど。

多くの外国人もスノーレジャーに訪れ、平日などは日本人と外国人の割合が半々くらいに見えることも。

イベントの内容

白馬は、関東からも関西からも、距離があるため、一般的には子連れで気軽に訪れる地域ではありませんが、頑張って足を運んでみると、現地で得られる体験の素晴らしさは、文句のつけようがありません。

ここ数年で、リゾート地としても大きく進化を遂げており、今回は白馬三山を一望できる絶景テラス「HAKUBA MOUNTAIN HARBOR」や、

白馬ビールのブルワリーレストラン「Hakuba Brew Pub」、古民家をリノベーションした「庄屋丸八ダイニング」など、注目スポットが多数。

一方で、白馬村のローカルな魅力にも触れられるよう、宿泊するのは、昔ながらの民宿「ロッジ加根二」。目の前の広場で、気軽に雪遊びができます。

2日目は、白馬岩岳スノーフィールドへ出かけ、雪に覆われた「ねずこの森」を自由に歩き回り、ふかふか新雪にダイブしたり、“雪だるま” や “かまくら” を作ったり、雪合戦をしたり……。

親子で雪遊びや、スノーレジャーを楽しみながら、白馬エリアの本物の自然や、雄大な景色、土地の魅力にも触れ、asobi基地キッズたちがどのような化学反応を起こすか、わくわく楽しみですね。

ぜひお気軽にご参加ください!

宿泊

ロッジ加根二

※昔ながらの民宿です。asobi基地を歓迎してくださる宿で、貸し切りで宿泊できるので、子どもたちの興奮が収まらなくても安心です

※荷物の事前配送、および発送も可能です

2日目の夕食

白馬ならではの飲食店を貸し切り、食事の予定です。詳細は決まり次第、お知らせします。

日時

2021年1月30日(土)〜2月1日(月)2泊3日

※最終日は平日となります

現地集合、現地解散となります。

13:00〜「ロッジ加根二」近隣の伝行山鯉池の雪原で雪遊びを行っています。

※最終的に、15:00までに「ロッジ加根二」に集合できればOKです(この場合、時間的に暗くなってしまうため、伝行山鯉池の雪原での雪遊びはできません)

スケジュール

以下スケジュールは目安です。asobi基地のイベントは、集団行動ではありません。雪遊び等への参加も任意です。

LINEで現地連絡用のグループを作ります。「ちょっと温泉行ってきます」などご連絡いただいたり、運営側から食事など要所スケジュールのお知らせを流したりします。

各ご家庭のペースで、思い思いに雪の中を過ごしてください!

1日目:1/30(土)

現地集合、ロッジ加根二に荷物を預けられます。

13:00 伝行山鯉池付近の雪原で雪遊び
15:00 ロッジ加根二チェックイン&お餅つき大会!
18:00 夕飯

2日目:1/31(日)

7:30 朝食
9:00 宿のシャトルバスにて、白馬岩岳スノーフィールド(岩岳山頂)へ移動
・ねずこの森で雪遊び&マウンテンハーバーで雪山絶景
・スキー&スノボする人は滑ってもOK
19:00 ロッジ加根二のシャトルバス、または徒歩で帰宿

3日目:2/1(月)

7:30 朝食
9:00 クロージング
9:30 解散!自由行動 ※ロッジ加根二は10:00までにチェックアウトをお願いします

【解散後について】
車以外で参加の方は、希望するスキー場や、バスターミナルなど、近隣各地まで送迎OKです。

おすすめプラン
1. 伝行山鯉池の雪原で飽きるまで雪遊び
2. 栂池高原スキー場(子どもに嬉しい、広大な緩斜面あり。アドベンチャー施設「SNOW WOW!」も
3. ショッピングや白馬ジャンプ台など観光を楽しみながら、早めに帰路へ

交通

長野自動車道「安曇野」IC、上信越自動車道「長野」ICより1時間強

※都内からアクセスする場合、渋滞なしで(休憩含め)約5〜6時間の長丁場となります。

前夜に出発し、中間地点にある「チサンイン甲府石和」「チサンイン諏訪インター」「チサンイン塩尻北インター」「ファミリーロッジ旅籠屋・小淵沢店」などのロードサイドホテルに宿泊。翌朝に白馬入りするスケジュールがおすすめです

新幹線+バス

長野新幹線「東京」駅〜「長野」駅
(所要約1時間30分・片道8,340円)※お先に得だ値スペシャルで購入できれば半額となります

特急バス「長野駅東口」〜「岩岳新田(宿泊施設徒歩300m)」
(所要約1時間20分・片道2,000円)

【特急バス】長野 - 白馬

※乗車時間がトータル約3時間と、最速のルートとなります

※特急バスは予約制ではありませんので、混雑にご注意ください

高速バス

バスタ新宿7:35発 – 白馬八方バスターミナル12:48着ほか
(所要約5時間・片道5,200円)

【高速バス】新宿 - 安曇野・大町・白馬

白馬八方バスターミナルから宿泊施設まではタクシー利用

※高速バスは予約制です。冬季はハイシーズンですので、早めの予約をおすすめします

定員

10部屋

※新型コロナウイルス対策のため、三密を避けるために、ロッジ加根二さんと協議のうえ、定員を絞っています。食堂での食事も、満席にならないよう、余裕を持った配置で用意していただいています

参加費用など

参加料金(事前振込み)

  • 子ども(1歳以上)¥4,000 ※0歳児無料
  • 大人(中学生以上)¥2,000

※Peatixでチケット入手後、参加費お支払いのご案内をお送りしてから、1週間以内にPayPay送金、または銀行振り込みをお願いいたします。お支払いがない場合は、キャンセル扱いとさせていただきます

※キャンセル料はいただいておりません(以下、宿泊料金を除く)。ただし返金には振込手数料 ¥157がかかります

宿泊料金(現地支払い)

※以下、2020年の情報となります。最新の料金は現在確認中です。

2泊(1夕食・2朝食)

  • 大人¥12,650
  • 小学生 ¥10,120
  • 幼児(食事あり・布団あり)¥6,380
  • 食事なし・添い寝の子ども ¥1,100

※「ロッジ加根二」でのお支払いは、現金のみとなります。クレジットカードは使用できませんので、ご注意ください。なお、宿から徒歩数分にセブンイレブンがあり、セブン銀行でのお金の引き出しは可能です

キャンセル料規定(私的な都合の場合)

1ヶ月前(12/30)〜1週間前(1/23)まで……10%
6日前(1/24)から当日(1/30)まで……20%

新型コロナウイルス対策を考慮し、体調不良を起因とするキャンセルの場合は、asobi基地・関東 アウトドア部にて負担いたします。気兼ねなくキャンセルをなさってください。

なお、この原資は、寄付金です。この仕組みを継続するためには、少額で構いませんので、みなさま一人ひとりの助けが必要です。ご協力よろしくお願いいたします。

白馬岩岳スノーフィールド リフト券(現地購入)

2日目に、岩岳山頂へみんなで遊びに行きます。

雪遊びのみの方は、ゴンドラリフト往復券を現地で購入してください。

スキー・スノボもする方(するかもしれない方)は、大人のみ、ロッジ加根二宿泊割引で、リフト1日券を入手できます。

雪遊びのみの方/ゴンドラリフト往復券

  • 大人(中学生以上)¥2,100
  • 小学生 ¥1,150

スキー・スノボをする方/リフト1日券

  • 大人(中学生以上)定価 ¥4,600 → ロッジ加根二宿泊割引 ¥3,200
  • 小学生 ¥2,800 ※宿泊割引はありません。現地購入のみとなります

どちらも未就学児は無料です。詳細はこちら

2日目 夕食代

現地で実費支払いの予定です。

持ち物

  • スノーウェア(選び方はこちら
  • スノーブーツ
  • 手袋 × 2セット 手袋は、雪あそびの生命線となります。濡れてしまうと、雪あそび継続が不可能になってしまうので、必ず予備を含め2セット用意してください
  • 防寒用の帽子(ニット帽など)
  • ゴーグル(降雪が多い場合に使用)

詳細:乳幼児のスノーレジャーに必須! 9つの装備と選び方ガイド

※asobi基地らしい、廃材・素材・道具などの雪遊びアイテムを用意します

※砂場用のオモチャ類やスコップなどを各自で持ち込むと、より楽しめるかもしれません!

新型コロナウイルスへの対応について

asobi基地としての基本スタンスは、以下をご確認ください。大切な内容ですので、必ず一読をお願いします。

asobi基地|新型コロナウイルス COVID-19への対応について


asobi基地・関東 アウトドア部としての独自対応は、以下をご確認ください。

  1. 感染する可能性を頭に入れ、リスクの判断をお願いします
  2. 自己防衛が重要です
  3. キャンセル料を原則として撤廃します(専用基金を設けます)
  4. その他、イベント運営上の変更点など

以上の内容となります。