大人から子ども、赤ちゃんまで!ふかふか新雪遊び+お泊まり会「asobi基地ゆきあそび」楽しすぎる2日間

子どもを自然に連れ出したいとは思うけれど、いざ行動しようとすると、大変ですよね。

しかも、雪遊びとなると……何歳から行けるの? 子連れにおすすめなのはどこなの? どんな準備をすればいいの??? と、疑問は尽きません。

asobi基地アウトドア部で、2017年1月・2月に実施した、「asobi基地ゆきあそび」は、たとえ、パパ・ママにスノーレジャー経験がなくても、大人から子ども、赤ちゃんまで、家族みんなで楽しめちゃう2日間。

様子を、たっぷり紹介します。

 

子連れに最高レベルの利便性「舞子スノーリゾート」

asobi基地ゆきあそびのフィールドを提供してくれたのは、新潟県南魚沼市の舞子スノーリゾート

asobi基地アウトドア部・部長の寄金が、取材やプライベートで何度も訪問するうちに、副支配人と懇意に。直接交渉で、イベント実施が実現しました。

舞子スノーリゾートは、子連れファミリーにとって、最高レベルの利便性があります。

まず、交通。

車の場合は、関越自動車道「塩沢石打」ICから数分と、山道を運転する必要がありません。

電車の場合は、新幹線で、東京駅から1時間ちょっとの越後湯沢駅から、無料シャトルバスが利用でき、車がなくても、楽々アクセス可能。

宿泊は、舞子高原ホテルはゲレンデ直結。

asobi基地ゆきそあびで宿泊した、舞子高原ロッジは、ゲレンデの中にあります。

つまり、着替えてすぐに雪遊びができ、寒くなったり、疲れてしまったりしたら、すぐにあたたかい室内で休むことができるわけです。

その他、子ども用の室内遊び場や、休憩室、雪上のキッズパークなど、子連れファミリー向けの施設もあります。

 

雪遊びはゲレンデではなく、ふかふか新雪の広大な雪原で!

この広い雪原を、ぜんぶ貸切!

舞子スノーリゾートは、もちろん、スキー場です。

が、asobi基地ゆきあそびは、ゲレンデではなく、ふかふか新雪の、広大な雪原を貸し切って、実施しました。

特に、1日目は、夏はゴルフ場となるエリアで、本当に人っ子一人いない環境。

2017年は、1月と2月に、計2回開催したのですが、2回目は、舞子スノーリゾートさんのはからいで、ソリのロングコースも登場。

2日目は、日帰りスキーセンターがあるエリアへ移動するのですが、こちらは棚田の地形。

こんもりとした新雪が、山のようになっていて、また違った遊び方ができます。

 

「やりたい!」を思う存分やりつくす子どもたち

asobi基地ゆきあそびでは、決まったプログラムはありません。

遊び方は、完全に自由!

ひたすら作る。

ひたすら運ぶ。

ひたすら滑る!

なにしろ、雪というのは、ただそこにあるだけで、抜群に楽しいもの。

雪原に、最低限の道具(スコップ、バケツ、ソリ、雪玉製造器など)と、asobi基地グッズ(お皿、お椀、プラコップ、ストロー、ハンマー&ペグなどなど)をポンと置いて、あとは見守るだけ。

ひたすら掘る!!

ひたすら作る!

放っておいても、子どもたちは、目をキラキラ輝かせながら、満面の笑みで、あるいは真剣な表情で、夢中になって遊び続けます。

水分補給は、雪を食べて!?

都会の埃まみれの雪だと「お腹壊すからヤメテ!」と叫びたくなりますが、雪国のふわふわの新雪なら、ちょっとくらいなら、良い……?

 

0歳・1歳児も遊びます!

初開催となった、asobi基地ゆきあそびですが、下は0歳、上は小学校中学年くらいまでの、参加申し込みがありました。

0歳で雪遊びって、どうなの!?と思うかたもいるかもしれませんが、砂場感覚で、意外なほどに遊び続けます。

小雪が舞う時間はありましたが、吹雪くようなことはなく、天候がそれほど悪くなかった影響もあり、寒くてギブアップする子はいなかったようです。

いつものasobi基地グッズは最高の遊び道具!

あれ、なんで裸足?(笑)

裸足で泣いている子は、休憩室のアンパンマンが観たい!(頭上を通っている)ゴンドラに乗りたい!と、雪遊びを断固拒否して、ストライキ。

周囲のお父さんお母さんに「カワイイ〜♪」と見送られ、お母さんと一緒に、ゴンドラに乗りに行きました。ニコニコで帰ってきましたよ。

asobi基地ゆきあそびでは、集団行動は最優先事項ではありませんので、興味の趣くままに行動することができます。

 

大人も遊ぶ!!

もちろん、大人も、童心に返って遊びます。

実は、今までインドア派で、まったく雪遊びが初めてです、というパパ・ママもいました。


参加者からは、

「自分たちだけでは、こんなふうに楽しく雪遊びデビューはできなかった」
「おかげで新しいワクワクにチャレンジできた」
「親子ともども始めての雪遊びで、雪を踏みしめたときの感触が忘れられない」

という感想も。

 

お泊まり会が楽しい!

そして、asobi基地ゆきあそびの特徴の一つが、1泊2日であるということ。

保育園や、小学校の繋がりでは、なかなか、お泊まり会って、できないんですよね。

1泊すると、子どもたち同士も、グンと仲が深まります。

食事の時間は、家族ごとに座るのではなく、家族ごちゃまぜになったり、子どもたち同士でテーブルについたりと、asobi基地のみんなが、大きなファミリーのよう!

ドラえもん!?押し入れで、就寝準備中。

部屋は、基本は4人部屋ですが、10人定員の大和室もあり、夜はみんなで集まって、遊んだり、お酒を飲んだりしました。

子どもたちの一部は、押し入れで寝る!と目をキラキラさせて、押し入れに布団を引いていました。※ふすまは破られそうなので、一時撤去(^^;;

そして、米どころ新潟ということで、舞子高原ホテルの売店では、地酒が豊富!

大人たちは、ついつい飲み過ぎ!?

ふだんの育児についてや、子どもたちの日常についてなど、色々な話に花が咲いていました。

 

スキー&スノーボード デビューも!

舞子スノーリゾートには、子どものスキー&スノーボードデビューに最適な、ママミキーキッズスノースクールがあります。

asobi基地ゆきあそび2日目は、雪遊びか、スクール参加か、自由に選べるようにしています。

割合としては、年中さん以上の子を中心に、半々か、半数をやや越えるくらいの子が、スクール受講を選びました。

個性豊かな、仲良しasobi基地キッズ!ママミキー受講組

asobi基地アウトドア部・部長の寄金家のゆい、えいとは、2回とも、ママミキーのワンデーレッスン(10:00〜15:30 昼食付き)を受講。

スキーデビューして、ぐんぐん上達した子も、数名いました!

スキーデビューの機会を狙っていたり、よいスクールがないか探していた方には、よい機会になるかと思います。

 

最新イベント情報はメルマガ登録を!

asobi基地アウトドア部の開催イベント情報を、Eメールで受け取る

今後のasobi基地アウトドア部イベントですが、春・夏・秋のasobi基地キャンプ、asobi基地 fes、ハイキングや磯遊び、そして来シーズンの冬は、ふたたびasobi基地ゆきあそびを実施予定です。

イベント情報が、もっとも早いタイミングで届くのは、上記メールマガジンとなります。

特に、asobi基地キャンプは大人気で、メルマガ先行申込のみで、キャンセル待ちになるケースが大半。

参加検討されている方は、メルマガ登録がおすすめです。