2015年2月28日

asobi基地アウトドア部の魅力

outdoor-03

asobi基地アウトドア部は、asobi基地に集まる、キャンプ好きファミリー、asobi基地キャストが集まり、2015年に正式発足しました。

代表的なイベントは、テントの “asobi基地村” で過ごす、夏のasobi基地キャンプ。

南アルプスユネスコエコパークの構成地域となっている、大井川流域の豊かな自然の中で、大人も子どもも、「やりたい!」をやり尽くします。

計2回で、100名近い定員が、募集開始48時間でほぼ埋まり、10〜20組のキャンセル待ちが発生するほどの人気です。

そのほか、春・秋のキャンプ、BBQ、ハイキング、海遊び、雪遊びなど、様々なアウトドアフィールドで、活動しています。

 

asobi基地に共感する人なら、ビギナーもプロもウェルカム!

アウトドア部は、asobi基地 “4つのルール” に賛同する人たちが集まり、asobi基地らしいアウトドア遊びを楽しむためのプラットフォームです。

「子どもを自然の中に連れ出したいけれど、いざ行動しようとなると、どうしていいかわからない」

という、アウトドア初心者・ビギナーから、

「アウトドアはライフワーク。せっかくだから、asobi基地の仲間たちと楽しみたい」

という、アウトドアのプロフェッショナルまで。

子どもたちを見守る目線を共有する人たちの中から、気の合う仲間を見つけて、“asobi基地らしいアウトドア遊び” が楽しめます。

 

“自分らしさ” を発揮して、みんなで作っていく!

outdoor-11

 

asobi基地アウトドア部では、asobi基地キャスト、パパ・ママ、学生などの区別なく、「このアウトドア遊びを、asobi基地のみんなとやりたい! 」という思いによって企画され、実現していきます。

イベントの多くは、開催が決まった時点がスタート。

キャンプなら、

  • 何をして遊ぼうか? スイカ割りは? 流しそうめんは?
  • ご飯は何を作ろう? ダッチオーブンには挑戦してみたい!
  • 安全に過ごすにはどうしたらいい?

といった内容を、集まった人々が、それぞれの興味関心や、経験・特技を活かしながら、みんなで作り上げていきます。

パッケージ化されたイベントよりも、大人も子どもも「得意なこと」や「好きなこと」を活かし、”自分らしさ” を発揮できたほうが、asobi基地らしいですよね。

※こんなアウトドア遊びがしたい!という方がいましたら、ぜひご連絡ください
※もちろん「イベント当日に参加することしかできない」という方も、大歓迎です

 

誰もが自分らしくいられる、最高に素敵な「場」

outdoor-05

アウトドアレジャーを、わざわざasobi基地のイベントとして開催する意味は、どこにあるのでしょうか?

一つはもちろん、asobi基地のフィロソフィーがあることで、子どもたちの自由な発想や、「やりたい!」という意欲が引き出され、アウトドア遊びがより楽しくなる、ということがあります。

※詳しくは、『4つのルール』ページに書きましたので、参照ください

 

outdoor-02

もう一つは、最高に素敵な “場” ができあがるということがあります。

なぜなら、子どもを見守る価値観を同じくする、老若男女が、集うからです。

実は、asobi基地アウトドア部の発足にあたり、2013年から、いくつかのプレ企画にトライし、試行錯誤を続けてきました。

アウトドア部正式発足のきっかけとなった、2014年夏のキャンプでは、こんな感想がありました。

おとなもこどももそれぞれの距離でそれぞれ自由に繋がっていて、一日がすごく長くって、全力で疲れて、素晴らしいキャンプでした!

 

outdoor-10

特別なことは、なにもしませんでした。

ただ、料理を作ったり、テントの設営&撤収をしたり、場を盛り上げたり、和ませたり。

大人も子どもも、それぞれが「得意なこと」「好きなこと」を活かし、個性を発揮して、自由に、全力で楽しんでいました。

メンバーは多様性豊かです。お馴染みの面々もいれば、知らない顔もいます。

それでいて互いにフォローし合える信頼感がありました。asobi基地のフィロソフィーを共有している仲間だからです。

 

想像するだけで、ワクワクしてしまいませんか?

asobi基地アウトドア部では、このような、“asobi基地らしいアウトドア遊び” ができる場を増やし、たくさんの人が気軽にアクセスできるように、活動していきます。

みなさん、ぜひ一緒に、アウトドア遊びをしましょう!