asobi基地キャンプ2015 学生スタッフ募集!

asobi基地アウトドア部のメインイベント、asobi基地キャンプ2015にて、学生スタッフを募集します!

【前期】本物の蒸気機関車で行こう! asobi基地キャンプ2015
【後期】トーマスSLで行こう! asobi基地キャンプ2015

 

子ども目線で社会を作る、asobi基地

asobi-10asobi基地は、2012年に保育士・小笠原舞、こども精神科医・小澤いぶき、子育てアドバイザー・よしおかゆうみの3名が設立した、子育て支援コミュニティです。

根本にあるのは「子どもだって、ひとりの人間」という思い。

代表の小笠原舞は、自らの保育士経験から、保育行政や、子育て支援が、子ども不在で進められていく状況に異を唱え、自ら立ち上がりました。

わずか3年のあいだに、東京近郊では、共感した父母を中心に、保育関係者、企業、政治家と、爆発的な支持の広がりを見せ、メディア出演多数。

Facebookページは、5,000いいね! の支持を集めています。

 

「素材」を「豊かな自然」に置き換えた、asobi基地アウトドア部

outdoor-29asobi基地は、特徴的な「子どもの遊び場」の名称でもあります。

そこにあるのは、ダンボールや紙コップや画用紙などの素材と、ハサミやボンドなどの、最低限の道具だけ。

子どもの「やりたい!」という意欲を妨げず、自由な発想を促すことで、子どもは自ら遊びを作り出し、飽きるということを知らずに遊び続けます。

そんなasobi基地が、本格的なアウトドアに進出したのが、asobi基地アウトドア部です。

ダンボールや紙コップや画用紙などの素材が、石ころや、木の枝や、魚が泳ぐのが透けて見えるような川の水、広い原っぱ、草花や野菜を育む土などに変わると、子どもたちは輝きを増します。

今までに見た経験がないような、天真爛漫な子どもたちがいる場所。それが、asobi基地アウトドア部です。

 

outdoor-05

学生スタッフ募集

asobi基地アウトドア部では、メインイベント「asobi基地キャンプ2015」開催にともない、以下の役割の学生スタッフを募集しています。

1. テントやタープの設営・撤収
2. 子どもたちと全力で遊ぶ(&アクティビティでの安全見守り)
3. キャンプの様子を記録するカメラマン

 

日程

■前期
7月18日(土)〜20日(月・祝)

■後期
7月24日(金)〜26日(日)

※うち、都合のつく日時のみでもOKです

 

定員

前期、後期、それぞれ3〜5名程度

 

募集詳細

1. テントやタープの設営・撤収補助

outdoor-03

○設営(キャンプ初日)
・7月18日(土)
・7月24日(金)
10:00〜12:00

※前日入りも歓迎します。asobi基地アウトドア部代表の寄金と、子どもたちが、焚き火とお酒、キャンプ料理でおもてなしします。翌朝の作業開始、お昼過ぎの子どもたちの到着まで、のんびりできます。

○撤収(キャンプ最終日)

・7月20日(月・祝)
・7月26日(日)
9:00〜11:00

■概要

子どもたちは、大井川を目の前にして、目がキラキラ。テントの設営&撤収を待っていられません。
そこで有志により、約10張りのテントを、次々と設営、撤収していきます。

■メリット
コールマン直伝の「設営方法」と「絶対にケースに入るテントのたたみ方」をレクチャーします。
1人でも余裕でテントの設営&撤収ができるようになります。

 

2. 子どもたちと全力で遊ぶ(&アクティビティでの安全見守り)

10557619_678087452285707_4061816017668643713_o■概要
豊かな自然の中で、子どもたちは大はしゃぎ! 我が子の安全を見守るのは、父母の役目ですが、自由なフィールドで30〜50名が入り乱れるので、どうしても追い切れないことも。

川遊び、ハンモック、火遊びなど、安全を見守りながら、子どもたちの遊び相手になってください。子どもたちは、お兄ちゃんお姉ちゃんが大好きです。

■メリット
とにかく楽しいです。今までに見た経験がないような、ありのままの子どもたちと遊べます。
また、asobi基地ならではの子どもの見守り方や、フィロソフィーを学べます。

 

3. キャンプの様子を記録するカメラマン

outdoor-06■概要
お父さん、お母さんたちは、子どもの遊び相手や、安全を見守るのが最優先。なかなかカメラを持ち歩けませんし、撮影する隙も少ないもの。そこで、キャンプの様子を記録するカメラマンをお願いします。

■メリット
カメラ好きな方にとっては、最高の被写体がいっぱいです。
親は、普段はなかなかじっくり撮影できないので、すごく喜びます。

※デジタル一眼レフカメラの貸与あり。自身のカメラの使用でもOKです

 

4. ほか、趣味や特技を活かして、キャンプを盛り上げてくれる方、大歓迎

asobi-05■概要
料理、火の番、ギター、虫取り、お絵描きなどなど。子どもたちに、カッコイイお兄ちゃん、お姉ちゃんの姿を見せてください!

asobi基地は、誰もが自分らしくいられる場所です。空気に合わせるよりも、あなたならではの趣味や特技を遺憾なく発揮して、キャンプを全力で楽しんでください。

 

場所

八木キャンプ場
静岡県榛原郡川根本町奥泉761-2地先

※静岡市内から約40km・車で約80分
※電車の場合、JR「金谷」駅から大井川鐵道乗車、終点「千頭」駅で降りてください

 

参加費

無料

※交通費実費のみ負担ください。キャンプ用具(持参も可)、食事は、asobi基地アウトドア部にて用意します

 

参加特典

  • 前期日程、後期日程それぞれ、最大3泊分の宿泊費、食費が無料です(前日入りした場合)
  • 夜は、焚き火を囲みながら、asobi基地に集う、感度の高い大人たちとの語らいの場を設けます。代表の小笠原や、保育士、独自の子育て支援を行う面々。仕事をしながら子育てをするお父さん、お母さんなど、多彩で魅力的なメンバーがいます
  • asobi基地キャンプは、継続開催していきます。今回、スタッフ参加した方は、次回以降の企画に優先的に招待し、責任ある立場をお任せします。現在、「学生企画によるasobi基地キャンプ」を計画中です

 

申込先

asobi基地アウトドア部・部長/寄金 佳一

お問い合わせフォーム、またはFacebookメッセンジャーで直接ご連絡ください。