2017年10月2日

最終目標は富士山頂!asobi基地やまのぼり


asobi基地やまのぼりは、親子での富士山登頂を目指す、親子トレッキングシリーズです。

 

推奨年齢はやや高め!

富士山頂からの景色!

通常、asobi基地アウトドア部のイベントは、3歳くらいになれば誰でも参加でき、0歳でも来てもいいですよ、というものが多いですが、asobi基地やまのぼりは、例外です。

最終目標が、富士登山であるため、高山病や低体温症の症状を、自分の口で周囲に伝えらなければ危険なため、年長〜小学校低学年くらいからを目安にしています。

体力的にも、平地やハイキングで、5km以上をしっかり歩けるくらいが目安になります(富士登山では、須走ルートの場合、往復約14km、高低差約1,700mになります)。

その子の成長や発達の具合によって様々なため、年齢制限は特に設けませんが、各自、親の責任で参加を判断してください。

 

本番の富士登山への挑戦条件

富士山の雄大な火口

親子での富士登山は、初心者のぶっつけ本番では、成功率が低いうえに、危険をともないます。

asobi基地やまのぼりで富士登山に挑戦するためには、

  • 親子一緒に3回以上の登山を経験する ※asobi基地やまのぼりをシリーズ開催します(または同等のプライベートトレッキングでも可)
  • 両親のどちらかが事前に富士登山を経験する ※イベントを開催します
  • 最低限必要なトレッキングギアを揃える

が条件となります。

 

富士登山の最低限必須アイテム

  • トレッキングシューズ(大人はくるぶしまで覆うハイカット推奨、子どもはミドルカットも可。防水のもの)
  • レインウェア(必ず、防水透湿素材のもの)
  • トレッキング用ズボン(防風性能があり、丈夫なもの)
  • トレッキンググローブ
  • 胸と腰で固定できるデイパック(容量/大人20〜30L程度、子ども10〜15L程度)+レインカバー
  • ヘッドライト

※大人用をイチから揃えようとする場合、少なくとも5万円はかかると考えてください。シリーズ開催するasobi基地やまのぼりに参加しながら、徐々に揃えていくのがおすすめです。

 

富士登山を目標にした、山歩きの仕方

asobi基地やまのぼりの各種イベントは、最終的な富士登山のための練習という位置づけです。

本番の富士登山を成功させるために、以下のような山歩きを学び、実践する経験を積みます。

息が切れないペースで歩く

山歩きの基本は、バテないこと。

山の中で、疲れすぎて体に力が入らなくなれば、登るにも下るにも体力・筋力が必要なため、進退窮まってしまいます。

他の登山者のお世話になったり、最悪は救助を呼ばなければならなかったり……そこまで重大でなくとも、行程に大幅な遅延が生まれます。

行程の短い山であれば、それほど大きな問題ではないかもしれませんが、富士登山は、往復約14km(須走ルートの場合)という長丁場。※ビギナーの場合、順調でも、往復9時間は見る必要があります

大きな遅れが発生すれば、思いがけない場所で日没してしまったり、食料や飲み物が尽きてしまったり、様々なリスクがあります。

まずは、バテずに歩き続けられるペースを見つけ、体に覚えさせましょう。

疲れても立ち止まらず、ゆっくり歩き続ける

子どもは、「息が切れないペース」を指示しても、気分次第で、勢いに任せて進んでしまうこともあるでしょう。

大人も、急な傾斜・大きな段差が続く場所や、空気の薄さにより、息が切れてしまうことがあります。

肩で息をするような状況になってしまい、疲労を感じても、歩みは止めずに、ゆっくりでいいので歩き続けてください。

立ち止まって休んでも、呼吸は整うものの、筋肉系の疲労は大して回復しないため、結局ペースが上がらず、所要時間が1.5倍にも2倍にもなってしまいます。

ゆっくり10cmずつでも構いません。

長丁場では、一歩一歩前に進むことが、とても重要です。

食事以外の休憩は短く2〜3分にとどめる

水分補給や、エネルギー源・糖分・クエン酸などの補給は、頻繁に行いましょう。

が、休憩時間は、ごく短く、長くても2〜3分にとどめます。※食事休憩を除く

持続的な運動で温まっていた体が冷えてしまい、せっかく掴んだペースがリセットされてしまうばかりか、また体が温まるまでのあいだ、怪我のリスクが高まるためです。

また、汗で体を冷やしやすく、体調を崩すきっかけにもなります。

それでは疲れてしまって登れない、という場合は、そもそも登頂するだけの経験・体力が整っていない、と見るべきです。

呼吸が重要!息は「深く吐き切る」を意識

富士登山で、標高3,000mを越えてくると、酸素が薄くなり、誰しも、息が上がりやすくなったり、軽く頭痛がしたり、高山病の影響が出てきます。

症状を軽く収めるには、呼吸が大切です。

私たちは普段、意識をしなければ、浅い呼吸を繰り返しています。

登山のときは、体に酸素を充分に行き渡らせるため、深呼吸のように、大きく息を吸ったり吐いたりしながら登ると、体が楽です。

コツは、息を大きく吸うよりも、息を深く吐き切ること。

息を深く吐き切れば、自然にたくさんの空気が肺に取り込まれます。

不摂生が心配なパパ・ママ:体重を少しでも減らし、遅くとも1ヶ月前から毎日のストレッチを

長丁場の登山では、どんなに気をつけていても、バランスを崩して手をついたり、足を滑らせて踏ん張ったり、という場面が、必ず1回や2回はあります。

その際に、重すぎる体重はそのまま身体への負荷となり、また体が硬ければ怪我に直結します。

少しでも怪我のリスクを減らすために、肥満気味が気になる方は体重減少に努め、毎日のストレッチを習慣にして、柔軟性を高めておきましょう。

須走ルートの下山道「砂走り」。駆け下りるには脚力が必要。足を傷めてしまうと立ち往生も

また、登りはなんとかなっても、下りは、足腰に負荷がモロにかかります。

富士登山の下りでは、靴ずれや、膝の極度な筋肉疲労・炎症などで、動けなくなって立ち往生している人をしばしば見かけます。

シリーズ開催するasobi基地やまのぼりで、急勾配&長丁場の下り坂を下りられる身体になっているか、確認してください。