2017年12月8日

遊びのプロ・各種専門家・社会人・学生 etc. 遊びに来て!|ウェルカム枠のお知らせ

asobi基地アウトドア部は、構成員の多様性を重視しています。

親子だけでなく、大人のみで遊びに来てくれる、さまざまな属性の方の参加を、大歓迎しています。

「好き」や「得意」を活かして関わってくれる社会人、学びに来たい学生、子どもを見守る自信はないけれど楽しそうだから覗きに来たい方、各種遊びのプロ・マニア、アーティスト・シェフ・ミュージシャン・大工・YOGAインストラクターなどの専門家 etc.

ぜひウェルカム枠で、気軽に遊びに来てください。

参加を検討いただける方は、以下フォームよりのご連絡をお願いいたします。

■お名前(必須)

■Eメールアドレス(必須)

■内容(必須)

 

 

asobi基地とは

asobi基地アトリエ オープンデーの様子

任意団体「asobi基地」は、“大人も子どもも、みんな一人の人間として平等” と胸を張って言える社会を目指し、志を同じくするボランティアの仲間たちが、力を合わせ、活動しています。

asobi基地って?

代表の小笠原舞が、元は保育園で働く保育士であったことから、保育士・幼稚園教諭・ベビーシッターなどの保育・幼児教育関係者、および保育を学んでいたり、将来こどもと関わる仕事をしたいと考える学生が、多く活動しています。

また、asobi基地に通ううちに、ファンになったパパやママが、社会人としての経験やスキル、趣味・特技等を活かして、運営に携わってもいます。

 

asobi基地アウトドア部の活動

asobi基地キャンプの様子

asobi基地では、4つのルールに代表される価値観をベースに、日本全国で、また各自の「好き」や「得意」を活かしつつ、様々な活動を行っています。

asobi基地アウトドア部は、その名のとおり、asobi基地のフィロソフィーに共感する仲間たちと一緒に、アウトドアで活動しよう、ということに特化したセクションです。

関東を拠点とし、遠くは静岡県川根本町(キャンプ)、新潟県南魚沼市(雪遊び)まで出かけて活動しています。

参加者の半分は、「子どもと自然に連れ出したいけれど、どうしていいかわからない」というビギナー。

もう半分は、asobi基地アウトドア部が好きで、何度も通ってくださっている、常連ファミリーです。

 

子どもたちと一緒に、豊かな自然の中で楽しむ!

asobi基地アウトドア部は、パパ・ママを始めとする社会人が、「好き」や「得意」を活かしながら、イベントに関わるケースが目立ちます。

「海の生きもの探しなら任せて!」「キャンプギアをたくさん持っているから、持って行くよ!」「焚き火の番ならいくらでもやるよ」「子どもたちと山登りするなら引率するよ」

という趣味・特技の範疇はもちろん。

デザイナーであったり、ミュージシャンであったり、シェフであったり、大工であったり、YOGAインストラクターであったり、という各種専門家が、気軽に遊びに来て、子どもたちと自然豊かなアウトドアで関われる機会を、積極的に作っていきたいと考えています。

誰もが自分らしくいられるのが、asobi基地の良さです。それぞれの個性を発揮しつつ、自分らしく関わっていただければと思います。

 

asobi基地アウトドア部 実施イベント例

広大な雪原を貸し切って、子どもはもちろん、パパ・ママもキャストも全力で遊ぶ「asobi基地ゆきあそび」

年間10以上のイベントを開催しています(トライアル含む)。

  • asobi基地キャンプ(春・夏・秋の3回)
  • asobi基地 fes
  • asobi基地ゆきあそび(年2回)
  • asobi基地うみあそび(年2回程度)
  • asobi基地やまのぼり(年5回程度)

※その他、ハイキングやBBQなど、単発イベントを開催するケースもあります

 

ウェルカム枠 待遇

条件

asobi基地のフィロソフィーに共感いただける方であれば、どなたでも歓迎いたします。

役割

関わり方はそれぞれにお任せします。専門性や特技を活かしたり、「好き」「得意」を活かして、自分らしく関わってください。

待遇

原則として、現地での滞在費を無料といたします。

各イベントごとに定員が変わりますので、お問い合わせフォームより、ご連絡ください。

※交通は各自で手配ください

■お名前(必須)

■Eメールアドレス(必須)

■内容(必須)