asobi基地・関東 アウトドア部

最高の自然こそ、最高の遊び素材。子どもの「やりたい!」を見守りながら、オトナもコドモも、誰もが素の自分で。みんなの輪に入らない自由だって、ここではあたりまえ。笑顔はもちろん、喧嘩も怪我も、すべてが宝物!

「asobi基地、いいね!」でつながる、アウトドア × 子育てコミュニティ

地域や学校の繋がりでは、子ども同士を遊ばせたり、一緒にどこかに出かけたりするのには、とても気を使うケースが多いもの。

なぜなら、たまたま同じエリアに住んではいるけれど、価値観はバラバラだから。

asobi基地には、「4つのルール」に代表されるasobi基地の価値観に共感する家族だけが集います。つまり、そこにいる全員が、同じ目線で子どもたちを見守ることができるということ。

一般的な園や公立学校では体験できない、自分の行動を自分で選択する自由、異年齢の交流、個性的な友達とのかかわり、自己主張の衝突と共存へのプロセスを、ぜひ体験しに来てください!

やりたい!を実現する場所

asobi基地では、待っていても、たぶん何も与えられません。でも、子ども自身が、やりたいことをどうすれば実現できるか、自分で考えて行動したとき、きっとすべてを得られるはず。日常生活ではなかなか応えてあげられない、子どもの「やりたい!」を最大限に尊重。大人の常識をひっくり返す自由さがここにはあります。

それぞれが自由に関わる

「オトナもコドモもみんな自由で、しなければならないことは何もない」のがasobi基地式。同じ空間にいても、そこでの楽しみ方は、人それぞれなのです。大まかなスケジュールはありますが、集団行動の縛りはありません。役割分担もありません。得意なことは得意な人がやる。自分らしくかかわり、自分らしく過ごしてください。

喧嘩をして学べる

家族だけでもキャンプや旅行はできるのに、なぜasobi基地なのか? あるお母さんは「一人っ子で、兄弟喧嘩もできないから」。子どもにとって喧嘩は、人間関係を学ぶために必要なプロセスです。出会っていきなり大げんかして、お互いを理解しあい、その後は昔からの親友のように仲良く遊び続けるケースも珍しくありません。

怪我をして成長できる!

アウトドアフィールドには、怪我はつきもの。そして、子どもにとって、大切な学びの機会でもあります。致命的な事故だけは全力で避けつつも、子どもをリスクから必要以上に遮断しないのが、asobi基地・関東 アウトドア部です。ご了承いただける方のみ、参加をお願いいたします。

asobi基地キャンプ

「asobi基地の縮図」とも言われる、最大の人気イベント。静岡県川根本町で春・夏・秋3回開催。大井川に沿って、蒸気機関車やトーマスSLが走行していることで知られ、南アルプスユネスコエコパークの構成地域でもあり、文句なしの自然がある。50〜60名の定員は、LINE先行募集を開始すると、数時間で埋まってしまう。LINE公式アカウント友だち追加&メッセージを見たらすぐの申し込みを忘れずに。※コロナ禍では、川根本町側が受け入れを停止しており、2021年以降は別の場所での開催となっています。最新情報をご確認ください

asobi基地ゆきあそび

子どもを雪に触れさせたいけれど、雪国まで子どもを連れていくのは大変……そんな親子におすすめの雪遊びイベント。ふかふかの新雪で思いきり遊ぼう。新潟県「舞子スノーリゾート」は、スノーレジャーデビューにうってつけの環境とスクールが魅力。長野県「白馬岩岳」開催は、国内最高峰の北アルプス絶景が拝め、asobi基地に理解ある民宿を貸し切りるので、子どもが元気でも安心!

asobi基地うみあそび

房総半島の先っぽ、千葉県館山市で開催。海水浴場が開設されない坂田(ばんだ)海岸は、関東とは思えないほど透明度が高く、生き物の姿も豊富。旅館をリノベーションした「館山リトリート」を貸し切って、みんなでお泊り会。地元産の魚介や野菜が、安い上にとても美味しく、自炊で何が食べられるかも楽しみの一つ。参加メンバーが立派なお魚を釣ってくることも!

ashitaka20190602-25

asobi基地やまあるき

「頑張れ」や「あと、もうちょっとだよ」はNG!? 子どもたち一人ひとりの “やりたい” “気になる” “なんだろう” を大切にしてあげることで、山や森を自由な場所だと感じ、4歳が10kmを難なく歩き切るのが、asobi基地式のやまあるき。入門編のレベル0(横浜市民の森〜鎌倉)から、富士山周辺の金時山、愛鷹山、足和田山等での日帰りトレッキング、そして白馬で開催するプレミアム版も。

最新のイベント情報

友だち追加

先行申し込み開始のお知らせは、LINE公式アカウント限定! ※メルマガは2021年6月いっぱいで廃止となりました

代表:よりかね隊長(寄金 佳一)

任意団体「asobi基地」事務局、関東 アウトドア部代表。小中学生向け「asobi基地ユニバーシティ」発起人。

1979年生まれ。横浜市在住。個人事業主。趣味=仕事を100%合致させ、徹底的に趣味に没頭しつつ、強味に転換し、収益を上げていく事業スタイル。

2014年、ぴあ株式会社のWebメディア「ウレぴあ総研 ディズニー特集」の立ち上げ、ディレクションを受託。月間500万PVクラスの国内最大級のディズニーWebメディアへと成長させる。

2017年、ファミリーキャンプ情報専門サイト「親子キャンプ.com」をはじめ、キャンプ/アウトドア事業を開始。asobi基地の活動とあわせ、アウトドアイベントでの親子引率経験はのべ1,500名を越える。

Facebook、noteでも発信中。フォローよろしくお願いします!

新型コロナ対応・キャンセル料を撤廃&低参加費のasobi基地キャンプを続けたい!寄付サポーター募集

asobi基地・関東 アウトドア部からのお知らせ